日本で借金残高を抱えている人数は?

日本で借金を抱えている人はどれくらいいるのでしょうか。
実は1300万人もの人が借金を抱えています。
日本の人口が今1億3000万人ですので大体10人に1人くらいの割合で借金をしている計算になります。
かなりの大人数なのですが大体の人は少額の借金であり生活に困窮するほどではありません。
しかし5件以上もの債権者から借りているひとは何と130万万人もいるのです。そしてその人たちの総額もかなりの額になっています。
今は総量規制がありますので一人が出来る借金がそう多くなりませんが、総量規制が出来る前にお金を借りた方もおり、今でも返済に苦しんでいる人も多いのです。
しかしなぜこれほどまで人数が膨れ上がってしまったのでしょうか。
まず不況が大きく関係しています。
まだ給料のいい時期に家を購入した方が後にリストラにあったり給料を減らされた結果、仕方なしに住宅ローンの返済のためにキャッシングからお金を借りて返済するのです。
しかしこれは一時しのぎにしかならず最終的に家も失い残債だけが残ることになります。
お金は人の人生を狂わせることがありますので安易に借りるのだけはやめましょう、また借りるにしても必要な分だけにしてください。